Topps:企業買収を目的とする「空箱上場」でNFT事業拡大へ

今年3月、日本市場への進出を発表した米トレーディングカードのトップスが、米国で急増している「空箱上場」を利用し、NFT事業を拡大することが明らかになりました。

創業80年のトップスは、SPACMudrick Capitalと経営統合した後に株式上場を行う予定となっています。トップスは長年、ベースボールカードなどのコレクション品を販売してきた会社であるものの、同社の新たな投資家となったジェイソン・マドリック氏は同月6日に「デジタル分野への投資を加速させる。」と語りました。この狙いは世界的に人気が高まるNFT市場です。

米国では企業買収を目的とする「空箱上場」が急増しているのが現状です。SPACは成長性の高い企業と合併し、株式上場を比較的に短期間で進める考えを持っています。

NFT市場が急成長するなかで今回の交渉に合意したトップスは投資家に対する説明会の中で「成長を加速させる」戦略として、ブロックチェーンとNFTに投資していくとコメントしています。また、トップスはブロックチェーンを活用して多くのコンテンツを提供し、WaxOpenSeaなどのNFTのマーケットプレイスにおいてNFTの流通量を拡大させています。

トップスの2020年の売上高は5億6,700万ドルにも達しており、ダッパーラボのNFTトレーディングカードゲーム「NBA Top Shot」は開始から10カ月で5億ドルを超える売り上げを計上しています。

老舗企業でもデジタル化が進む

トップスはNFTブームの初期の頃、ワックスと連携してNFTトレーディングカード「Garabage Pail Kids」を開始させました。最近では「ゴジラ」をテーマにしたNFTカードを販売しており、数時間で少なくとも50万ドルの売り上げを記録しています。

マドリック氏はトップスがNFTの流通市場から収益をあげることを期待していると述べました。またNFTは取引をプライベート・ブロックチェーン上に限定することが可能になっているため、流通市場での取引から手数料を得ることができると期待の声をあげています。

さらにダッパーラボも同様のビジネスモデルを採用しており、流通市場でのNFTの取引から5%の手数料を得ています。また同社は「フロー(Flow)」というブロックチェーン上でNFTを展開しています。一方、競合となる他のNFTマーケットプレイスの多くは手数料が高騰しているイーサリアムブロックチェーン上でビジネスを展開していることから、コスト負担に悩まされているのが現状です。

NFT先行投資を進める

現実世界では新型コロナウイルス感染が拡大しているにもかかわらず、コレクターはトレーディングカードに数十万ドルものお金を注ぎ込んでいます。

デジタルコレクションの取引量をブロックチェーンを活用した流通市場で増加させ、トップスは新たな収益源を獲得する可能性が大きくなっています。またダッパーラボは先日、事業拡大を進めるために3億500万ドルの資金を調達しました。

MLB・NFLの契約に課題残る

ブロックチェーンやNFTにトップスが参入してちょうど1年です。

「この分野でのリーディングカンパニーになるには相当の注意深さと投資が必要だが、幸先のよいスタートではないかと考えている。」とトップスのアンディ・レッドマン会長はコメントしました。ブロックチェーンへの取り組みはeコマースにおける同社の取り組みと相性がよくなっており「将来のスポーツ・エコシステムにおける当社の地位をさらに確かなものにする。」と付け加えています。

しかしながらトップスとMLBやNFLとの間で取り決められている、物理的なカードのライセンスを単純にNFTに引き継ぐことは難しいとの見方もされている。一部のアナリストはダッパーラボがNBAと行ったことと同様に、トップスはデジタル分野での新たな契約を提携する必要があると予想しています。