NFT:大坂なおみ選手をはじめ著名人も発行

ブロックチェーンのTezosはNFTアートの新たな試みとして、環境問題を気にするアーティストや活動家にアピールしました。

NFTが環境に悪いことから多くの二酸化炭素を排出しているという指摘は広く拡散され、オーストラリアの建築家であるクリス・プレヒト氏のようにNFTへの参加を取りやめるアーティストも増えています。

Tezosを基盤とするNFTプラットフォームの1つ、Hic et Nuncは環境問題を意識するアーティストが集まるNFTマーケットプレイスとなっており、アーティストにとっては手数料の低さも大きな長所となっています。

Hic et Nuncは「世界芸術の日」を開催し、著作物へのライセンスを提供する非営利団体Creative Commonsの募金活動を行うことを発表しました。このイベントは4月30日まで開催されることとなっており、40か国以上から200人以上のアーティストの作品が登場することが決まっています。

また、Hic et Nunc上ではすでに総額65万枚XTZ以上の販売や手数料収益が記録され、日本円にして5億円という莫大な規模となっています。

テゾスブロックチェーンを利用するNFTマーケットプレイスはARやVRの作品を取り扱うAcurt Artは4月15日にベータ版をリリースしました。またAcurt Artはツイッター上で「環境安全を維持するため、Acute ArtはNFTをテゾス上で発行し、Tezトークンを決済で受け入れる」と説明しています。

大坂なおみ選手も姉妹で発行

プロテニスプレイヤーの大坂なおみ氏とその姉の大坂まり氏が4月17日、暗号資産Flowのブロックチェーン上にNFTを発行したことが判明しました。今回発行したNFTはオンラインショッピングサービス「Basic.Space」上で限定販売されているということです。

出品されたNFT作品についてはBasic.Space上で次のように説明されています。

「まり氏の表現力を通して、多様な色でなおみ氏の豊かな性格や個性を示している。」

今回発行された5つのNFT作品はオークション形式での販売となっているほか、7日間一般公開されるということが決まっています。それぞれの作品落札者にはサイン入りヨネックスのテニスラケットがプレゼントされ、そしてその中からランダムで選ばれた1人にはサイン入りのNikeのカスタムパッケージが送られるということです。

現時点で約300万円の入札もあるため、いくらで落札されるかが注目されています。

今回の発表でBasic.Spaceは「NBA Top Shot」などを手掛けるブロックチェーン開発企業Dapper Labsと提携し、Flowブロックチェーン上で開発することにより、同プラットフォームで販売されるNFTの二酸化炭素排出量の大幅な削減に取り組んでいくことも明かしました。