フィリップス:NFT作品が3.7億円で落札

英老舗オークションハウスフィリップスが初めてNFT作品をオークションにかけ、3.7億円で落札されたことが明らかになりました。手数料も含めると販売額は日本円で4.5億円となっています。

それぞれが唯一無二の価値を持つトークンをNFTと呼び、美術品やスポーツ選手などの収集カード・音楽など様々な分野に応用され始めています。

約1年に渡りNFTを生成

このNFTは約1年間、新たにNFTを生成し続けるように設計されている点が大きな特徴となっています。

作品を自己複製するロジックがコントラクトにプログラミングされているため、複製タイミング・所有権ルール・複製される世代数だだけでなく、一定の回数以上複製されないようにする設定もコード化されているという点がとてもユニークな部分です。

新たなバージョンNFTが生成されるためには、元の作品と少しずつ違ったディテールを持つようにするアルゴリズムも組み込まれました。さらにここで生成されるアートワークの合計は最終的に75から300にもなることが明らかになっています。

Dowbak氏はNFTにおける新境地を発見するために「REPLICATOR」を制作したとして「リリースして終わるものではなく、もっと大きなストーリーを語れるような、そこからさらに発展する作品を作ろうと思ったのがきっかけである。自己複製するNFTというアイデアを思いついた後は、説得力のある中心テーマを見つけるのに少し時間がかかったものの、コピー機のアイデアが頭に浮かんだ瞬間、それが完璧なものだと感じた。時間の経過と共に語られる機械の物語になるのである。」とコメントしています。

新しい財政基盤をアーティストに

フィリップスの20世紀・現代美術部門の専門家Rebekah Bowling氏はNFTについて今後の方針を聞かれたところ「有名なアーティストや興味深いアプローチで作品制作を行っているアーティストと協力していきたい。」とコメントしました。

同氏は「明確で興味深いコンセプトを持つNFTがこれから生き残っていく。このテクノロジーは特にデジタルを基盤とするアーティストや、これまで作品を商品化する方法を持たなかったアーティストに人生を変えるような可能性をもたらす。」と述べました。

報道では複製された新たなNFTが流通市場で2次販売される際にもその価格の10%を作者Dowbak氏が受け取れるように設計されているということが明らかになりました。

さらにNFTは長所の1つとして、2次販売された時にも発行者がその額の一定の割合を受け取れるよう設定可能であることが知られています。