グレースケール:NFLとのパートナーシップ提携を発表

米大手暗号資産運用会社のグレースケール社は6日、米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)と暗号資産関連企業として初めてのパートナーシップ提携を発表しました。

現在、ニューヨーク・ジャイアンツはNFLでも最も長い歴史を誇るチームの1つであるだけでなく、歴代4度のスーパーボウル優勝を飾っているチームです。

グレースケールのMichael Sonnenshein CEOは「両社とも米ニューヨークに拠点を置くこともあり、今回の提携に落ち着いた。」とコメントしています。

今回の提携内容としては、グレースケールがジャイアンツの事前活動部門である、ジャイアンツ財団が主催するチャリティーゴルフイベントのスポンサーやホームゲームのスポンサーとなることが明らかになっています。さらに今後ジャイアンツの職員を対象に暗号資産に関する任意参加の教育セミナーを毎年実施する予定もあることを公開しています。

ジャイアンツ球団のPete Guelli CCOは以下のようにグレースケール社について以下のように評価しています。

「…我々としてはジャイアンツが持つチーム理念やブランド価値を理解してくれるだけではなく、暗号資産エコシステムをナビゲートしてくれるパートナーが必要だと以前から思っていた。その点においてグレースケールは我々と同様にニューヨーク市場に対する情熱を持つだけではなく、暗号資産業界が進化していく中で機関投資家レベルの知識と幅広いネットワークをもっている。」

また、グレースケール社のSonnenshein CEOも以下のようにコメントしています。

「我々のルーツはニューヨークに存在している。今回のパートナーシップは大変意義深いものであり、このような先駆的な考えを持つフランチャイズと提携できて大変嬉しく思っている。さらに慈善活動などを通して引き続きニューヨーク周辺のコミュニティをサポートしていきたいと考えている。」

今月5日時点ではグレースケール社の暗号資産関連の投資信託の運用資産残高は498億ドルにのぼると報道されています。

暗号資産とプロスポーツ

米プロスポーツ関連の暗号資産・ブロックチェーン関連の動向が増え始めています。

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)関連では昨秋からライセンスを許可した「NBA Top Shot」をリリースしています。ここでは現役NBA選手の活躍リールをNFT化したもので、高額な作品では数千万円単位で落札する事例も確認されたということです。

また、3月末には暗号資産取引所FTXもNBAチーム「マイアミ・ヒート」のアリーナ命名権を獲得しています。フロリダ州のマイアミ・デイド郡では暗号資産の実用性を検証するクリプト・タスクフォースが設立されただけでなく、マイアミ市のFrancis Suarez市長は暗号資産に対して有効的な政策を進めており、ブロックチェーンの拠点として期待感が高まっています。

また、NFLではリーグとしての動向はまだ出ていないものの、3月にはリーグ全体でNFTやブロックチェーン技術の導入を検討していることが報道で明らかになっています。NFLプロ選手が個人でNFTを販売することで、収益を慈善団体に寄付する事例も散見されてきた。さらにここではプロ入り前にドラフトの有力候補がNFTを発行する例も存在しています。

また、MLB(メジャー・リーグ・ベースボール)では「マネー・ボール」などで知られるオークランド・アスレチックスが今月の4日に、ホームゲームの試合チケットで暗号資産ドージコイン決済を受け入れると発表しました。