Delphi Digital:Syndicateとオンチェーンでのファンド立ち上げを発表

暗号資産のリサーチやコンサルティングを手掛けるDelphi Digitalが分散型投資プロトコルで有名なSyndicateと提携し、オンチェーンでNFT関連のプロジェクトを対象としたファンドを立ち上げることを明らかにしました。

ファンド名はDOLPHI INFINFTとなっており、Delphiは発表内で「暗号資産エコシステムを用いることで今のNFTの限界を取り払うようなプロジェクトを探していきたい考えである。」と述べています。

投資先の分野として具体的に予想されているのは、NFTマーケットプレイスやNFTインフラストラクチャーをはじめ、DAO、フラクショナリゼーション、ソーシャルトークンなどです。しかしこれはあくまでも予想となっているため、必ずしもこの限りではないとされています。また、本ファンドは今後12ヶ月間で、最大日本円で約5億4,000万円を投入することが決定しており、20ほどの投資を行っていくということです。

さらにファンドはDolphiのチームとGmoneyの名で活動する暗号資産投資家によって運営されることも明らかになりました。Syndicateのシードラウンドの資金調達を主導したIDEO CoLab Venturesや、その他著名なNFT投資家らがこのファンドの支援を表明しています。

DelphiDigitalの共同創設者兼COOであるAnil Lullas氏はThe Blockの取材に対し「預け入れやキャップテーブル・分配・ファンドのマネジメント・報告などのあらゆる過程で自動化が可能になるだろう。」とコメントしました。

今回の提携先であるSyndicateはいわゆるスタートアップなどへの共同出資を行うシンジケートを、ブロックチェーンを利用して自律分散型組織として形成するプラットフォームとなっています。従来と比較すると少額からでもシンジケートに参加することが可能になります。現在はプライベートベータを行っており、今回発表されたINFINFTが3つ目のファンドになるということです。