アルゴランド財団:Curvegridとの業務提携でMultiBaas NFT Bridgeの導入を開始

6月7日、アルゴランド財団は東京に本社を置くCurvegridと業務提携を行う旨を明らかにした。今回行われた提携によりCurvegrid社のインフラ技術である「MultiBaas NFT Bridge」がアルゴランドの持つエコシステムへ導入されることとなり、今後アルゴランドブロックチェーン上でのより広範なNFTの活用が期待されています。

Curvegridは2017年創業のブロックチェーンソフトウェア企業です。ブロックチェーン開発を効率化するための分散型アプリケーションであるプラットフォーム用ミドルウェアの「MultiBaas」を開発に尽力しています。これまでにも同社は自社提供のソリューションで国内企業との提携を数多く行なっており、デジタルアート・イベント分野ではNFT活用のデジタルアーティスト市場参入の障壁を下げる取り組みや、デジタル取引の信頼性の強化に貢献しています。

同社の共同設立者ジェフリー・ウェントワース氏はゴールドマンサックスで6年間勤務し、同じく共同設立者であるウィリアム・メトカーフ氏はギルト・グループ・ジャパンのCTOを担っていました。

今回の発表について、ジェフリー・ウェントワース氏は「MultiBaas Bridgeはデジタル資産のクロスチェーン機能をNFTやDeFi・オンラインゲーム・VRまたは金融サービスなどのアプリケーションに直接統合することが可能です。この機能をアルゴランドのエコシステムに入れることで、複雑なDappsを市場に投入することが容易になります。またアルゴランドを基盤とする企業は、複数のブロックチェーンを超えて、安全性・スピード感・コスト効率において大きなメリットを得ることができます。」とコメントしました。

プレスリリースの中でアルゴランド財団CEOであるSean Lee氏は以下のように述べました。

「Curvegridとの提携で革新的なMultiBaas Bridgeをアルゴランドが持っているエコシステムに導入できることを大変光栄に思います。今回の取り組みは日本企業と初めてのパートナーシップであり、日本だけでなくアジアを始め、世界で活躍できるNFTエコシステムになることを期待しています。」

NFT活用の促進

アルゴランドが持つブロックチェーンの大きな特徴としてはNFTの作成が容易であることと、取引手数料が低価格であること、またフォークしないことなどが挙げられます。今回の提携で「MultiBaas Bridge」がエコシステムに導入されることにより、開発者はNFTやブロックチェーン技術を法人または個人向けのモバイルアプリにシームレスの組み込みが可能になります。