コインチェック:CyberZとNFTを使った事業を発表

6月15日、暗号資産取引所コインチェックの運営元であるコインチェック株式会社がサイバーエージェントの傘下である株式会社CyberZとNFT事業で協業を始めたと発表しました。

両社はコインチェックが3月にローンチしたNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を通じ、今後のエンターテイメント領域においてNFTを推進させていくとコメントしました。

「Coincheck NFT(β版)」とNFT推進

プレスリリース内で発表されたNFT事業における協業内容は以下の通りとなっています。

  • エンターテインメント事業者のNFT活用の支援

─エンターテイメントに関わる企業と「Coincheck NFT(β版)」と連携を推進することでNFTビジネスを創出

  • エンターテインメント分野でNFTを通じた新しい体験の創出

─CyberZの知見やノウハウをいかすことで「Coincheck NFT(β版)」を介するエンターテインメントに新しい体験をもたらす

この発表で具体例として挙げられたのはタレント・アーティスト・アニメ・ゲームなどの分野における事業者への支援となりました。

「Coincheck NFT(β版)」はコインチェックがイーサリアムのネットワーク手数料の高騰や取引の煩雑さなどの課題解消を目指イーサリアムのネットワーク手数料の高騰や取引の煩雑さなどの課題解消を目指す目的でローンチしたNFTマーケットプレイスです。ここではオフチェーンでNFTを管理するために、購入・売却のネットワーク手数料は無料となっており、口座を持っている人であれば誰でも利用できるようになっています。

CyberZは2009年に設立されたサイバーエージェントの子会社企業です。主にスマートフォン広告の運用やウェブCMの制作などのマーケティング事業を手掛けています。

またeスポーツ事業として運営する国内最大規模のゲームイベントである「RAGE」で、グループ企業Cygamesの開発したシャドウバースなどのオフラインイベントとプロリーグの2大会を開催した実績を持っています。メディア事業として運営するライブ配信プラットフォーム「OPENREC.tv」ではゲーム実況やタレント・アーティストなどのライブ配信を提供しています。

また子会社の株式会社CyberEや株式会社eStreamがそれぞれeスポーツに特化した広告マーケティングや、IPを活用したフィギュアブランド「Shibuya Sofubi Arts」の設立なども手がけています。

様々なプロジェクトとのコラボや提携

コインチェックがローンチした「Coincheck NFT(β版)」はこれまでにも様々なプロジェクトと提携やコラボを行なってきました。

2021年2月には有名サッカークラブとパートナーシップを結ぶChilizとNFTマーケットプレイス事業において連携を開始しました。ChilizとのパートナーシップにはFCバルセロナACミランなどが挙げられます。

同社が提供する暗号資産を始め、NFTを用いたファンコミュニティ形成のためのプラットフォーム「Socios.com」で利用できるNFTは「Coincheck NFT(β版)」において取り扱いを行うかどうか検討中の段階となっています。

また暗号資産プロジェクトとしてはEnjin Coinの発行元であるEnjin社とNFTマーケットプレイス事業で提携し、コインチェックは今年1月からENJの取り扱いを始めました。

6月9日にはNFT事業において映画監督の紀里谷和明氏が代表を務めるKIRIYA PICTURESと連携を開始しています。さらに紀里谷氏が手がける最新作『新世界』のNFT発行を検討している最中であると説明し、子会社のコインチェックテクノロジーズが運営するNFTマーケットプレイス「miime」とあわせて、NFTの流通を支援していくということです。同社はこの支援においてコンテンツのファン拡大や新たな収益機会を生み出していきたいとコメントしています。