アクシー・インフィニティ:ガバナンストークンAXSが急上昇

NFTゲーム「アクシー・インフィニティ」のガバナンストークンであるAXSが急上昇し大きな注目を集めています。

データサイトのMessariによるとAXSは6月14日朝、史上最高値となる23.60ドルを叩き出し、前日13日の22.50ドルを上回っています。さらに現在はAXSはさらに23.86ドルまで値を上げており、同月22日の最安値2.36ドルから700%も上昇することとなりました。ここでAXSが注目を浴びたもう1つの理由として、6月22日は市場全体が下落傾向にあり、ビットコインでさえも1月はじめ以来となる3万ドル割れとなった日であったためです。

フィリピンのアクシー・トレーダーはこの話題のゲームについて「プレーヤーはアクシーと呼ばれるデジタルペットを繁殖させることができるだけでなく、戦わせたり、取引することでノンファンジブル・トークンや暗号資産を稼ぎ、収入を得ることができるゲームである。」とCoinDeskに説明しました。

さらにAXS保有者はコインを預け入れることで毎週報酬を得ることも可能で、さらには運営側としてゲームを進めることもできる。プレーをはじめるにはまず3体のアクシーを購入する必要があります。運営者はアクシーやゲーム内の土地の販売をはじめ、アキクーの飼育料やマーケットプレイスで発生する手数料で収益を上げているのです。

Token Terminalが収集したデータではアクシー・インフィニティは過去30日間で5,130万ドルの収益を上げており、同サイトが追跡しているDeFiプロジェクトのなかで1位の収益額となっています。これに続く2位のPancakeSwapの収益は1,200万ドルであることから、約4倍の収益となっています。

さらにDappRadarによるとアクシー・インフィニティは世界中で非常に人気が高く、インド・ブラジル・インドネシア・フィリピン・ベネズエラなどの発展途上国では大きな収入源となっていることが明らかになりました。これらの収益面ではパンケーキスワップをはじめ、Compoundといった有名なDeFiプロジェクトを大きく上回っていることも報告されています。

アクシー・インフィニティは最近、1日の取引高が2,500万ドルを超え、5月はじめから10倍になったとDappRadarのCEOは自身のツイートで明らかにしています。