no borderz:リアリティ番組のNFTを制作し、XANALIAので販売を発表

米国とドバイに拠点を置くエンターテイメントテクノロジーカンパニー・ノーボーダーズ は7月30日、2022年に放映予定の中国を中心とした大型リアリティ番組「Remember me(中国名:请记住我)」のNFTを制作し、同社の開発するNFTマーケットプレイスXANALIAを通じて販売することを発表しました。

番組の概要

Remember meの放送は2022年第1四半期を予定しており、多くのインフルエンサーが出演することがすでに明らかになっています。この番組の総製作費は20億円を超えるほどの大規模なリアリティ番組となります。

本番組についてはプレスリリースで以下のように説明が行われました。

この数年、中国をはじめ世界的に台頭したインフルエンサーという新しい職業。その背景で彼ら彼女らは何を考え、何を思い、どのような戦いを経てトップインフルエンサーとして勝ち上がっていくのか。「Remember me」はそれをファン投票によるサバイバル形式のリアリティショーとして制作する。

ノーボーダーズは番組の中で行われるファン投票や、インフルエンサーによるNFTの販売などのためにXANALIAやNFT仮想空間XANAを活用した上でバーチャルコンテンツを制作・販売すると明らかにしています。ここには「NFTが視聴者と出演者をつなぐ鍵となり、番組内の投票や出演者のリアリティショーに影響を及ぼしたりといった世界初の試み」を行うことが目的として挙げられています。

この番組の主催はSNSのTik Tokでトップの配信者数を抱える企業の中國願景娛樂と、制作はヴィクトリアズシークレットのショーなどをプロデュースするエンターテイメント企業Kingdom Entertainment Groupなどが名を連ねました。

XANALIAとXANAとは

近年大きな注目を集めているノーボーダーズ開発のNFTマーケットプレイス・XANALIAは、日本でも期待が大きいNFTマーケットプレイスとして1位を獲得するなど世界的に期待されているマーケットプレイスです。

XANALIAは世界最大規模の暗号資産取引所バイナンスの開発したブロックチェーン上に構築されていることもあり、NFTの発行プラットフォームとして主流であるイーサリアムエコシステムで議論されていたスケーラビリティ問題やガス代の高騰といった問題を解決していることからも多くの関心の目が向けられることとなりました。

またこれまでのNFTではただウォレットの中にコレクションとして「保管・売買・ゲーム内での使用」などという用途に限られていましたが、XANALIAは自分のコレクションをAR・VRを使ってバーチャル上でリアルに保有体験を生み出せるようになったことも最大の特徴です。

先日、浮世絵のデジタル処理などを手がける映像作家の中田耕市氏と出版社のライブ・パブリッシングは日本を代表する浮世絵師である葛飾北斎の作品「冨嶽三十六景」のNFTアート作品をリリースしていますが、その際にもこのXANALIAが出品先として採用されていることは記憶に新しいでしょう。

同じく同社が手掛けるXANAは、全ての資産がブロックチェーン上のNFTで作られる仮想空間ソーシャルメディアプラットフォームです。コロナ禍の中でも大きな盛り上がりを見せているオリンピック・パラリンピックのための美術展や世界規模のDJイベント、アジアのEスポーツ大会などでも様々な企業、団体に活用されています。