Gala Games:ゲーム界を引っ張る存在になれるのか?

ゲーム業界にはいま分散化やブロックチェーンゲーム、NFTや収益化可能ゲームといった今までには存在しなかった新たな変革が起こっています。ゲーム界にも大きな影響力を持ち、世界最大の分散型ゲームプラットフォーム開発を目指すGala Gamesにとって、この変革はゲーム界にも大きな風をもたらす重要なものとなります。

ゲームのあり方はどのように変化するのか

近年、オンラインゲームにおけるプラットフォームやゲーム会社の大御所たちは、プレイヤーが持つ自社への信頼や忠誠心に漬け込み、不正を働くことも少なくありませんでした。例えばゲーム体験の提供という文言を掲げながら、プレイヤーに過剰な課金を求めたり、満足のいく体験を与えない企業が常態化してしまっていたのです。

これらの多くはプレイヤー自身が築き上げたゲーム内の資産をプレイヤー自身が所有しているかのように見せかけています。しかしこの資産をプレイヤー達が実際に売買しようとすれば、規約違反と判断し、アカウントを停止してしまうのです。

このような問題が浮き彫りになった中で登場したのがブロックチェーン技術です。この技術を用いることでプレイヤー達がゲーム内で所有する資産は現実に価値あるものとなることが可能になりました。

Gala Gamesではブラウザーですぐにプレイ可能なゲームのサービスを始めており、その他複数のゲームも開発中です。同社はほぼすべてのゲームジャンルのゲーム開発を進める中で、毎週のようにアクティブプレイヤー数記録を更新し続けています。

NFTで資産化と所有を可能に

記録は更新しているとは言えど、Gala Gamesの成長トレンドはまだまだ始まったばかりです。今後もプレイヤー達を刺激する新たな製品がリリース予定となっています。同社はこれらのゲーム内でNFTを資産として利用することにより、新たなプロジェクトの発売前から数ヶ月から数週間は、発売と同じくらいのビッグイベント期間となります。

コミュニティが一堂に会する機会がこのNFTでのプレセールです。プレイヤーは自分の好きなゲームプロジェクトを支援し、実際に所有するゲーム資産を通じて、それらを共有することが可能になります。

さらに、これらの資産はゲームプレイするまで役に立たない単なる「文鎮」アイテムとなるだけではなく、これらのNFTをOpenSeaのようなマーケットプレイスで取引することも可能になるのです。

Gala Gamesの分散型ノードネットワーク

Gala Gamesの成長を支えている最大の要素の1つは将来的にプラットフォームを運営することになるであろう、巨大な分散型ノードネットワークです。現在29,000以上のGalaノードライセンスがすでに購入されている状態です。

現在、ノード運営者に対しては同社発行の暗号資産GALAとプラットフォーム上に構築されている様々なゲームのNFT報酬が与えられます。将来的にはこれらすべてのゲームを動かすために必要となる膨大なコンピューティングの負荷は、高度に分散化したネットワークが肩代わりするようになるということです。

このような計画のインフラはすでに開発中で、Gala Gamesは分散型ネットワークがゲーム業界をどう変えていくのかを世界に示すことでしょう。

7月に記録したデータは過去最高成長

先月Gala Gamesは16,070人の新しいコミュニティメンバーをDiscordサーバーに迎え、さらにプラットフォームには80,278人の新しいユーザーを迎えました。また1,693個ものNFTが販売され、すでに5,710個のNFTが配布完了となっています。

また、Gala Gamesのチームは現在70人を超えており、数々のメインストリームのゲーム開発において優れた実績を持つベテランが名を連ねていることも大きな強みです。

これからのゲーム会社は「収益化可能ゲーム」や「ゲーム内資産の所有」といった新しいものを取り入れなければ、来たる大きな波に飲まれてしまう可能性も否めません。ゲームプレイの変革やプレーヤーによるゲーム資産の所有へと業界が大きくシフトしていく中、Gala Gamesはこの大きな波に乗ることができるのか、今後に期待が高まります。