Visa:Larva LabsからCryptoPunksを購入

決済大手Visaが8月18日、人気NFTであるCryptoPunks #7610を15万ドル相当で購入していたことが判明しました。NFTに対する期待の高まりを象徴する代表的なCryptoPunksを購入することによりNFT領域への参入を表明しているということです。

CryptoPunksの発行元であるLarva Labsによると、厳密に言えばVisa社は暗号資産現物を取り扱うことはないということです。その代わりに暗号資産カストディ銀行Anchorageがトランザクションを代行し、NFTのカストディとして保管を担当すると明らかにしました。

またVisaはNFT購入の発表に合わせて23日に、NFT関連の公式ブログ記事とホワイトペーパーを公開しました。公開されたブログ記事では同社のクリプト部門責任者であるCuy Sheffield氏が自社のNFTに対する今後の事業展開と自身の所感を明らかにしています。

同氏はNFTが画像・ビデオ・テキストなどのデジタル資産の所有権を表す方法であると定義しています。さらにインターネットの台頭から大半のファイルが無限にコピー・ペーストされたことにより共有が可能となったため、デジタルプロパティの所有権を主張する方法がなかったことについても言及しました。この点を踏まえて、NFTはデジタルメディアの出所から真正性、所有権を証明するために役立つのではないかとも説明を行なっています。

VisaがNFTを購入した経緯とは?

また、Visa社がCryptoPunksを購入した経緯についても言及する内容もブログ内で確認されています。「文化と商業の架け橋となる歴史的なNFTプロジェクト」としてCryptoPunksが果たした役割を認識するためにCryptoPunks #7610の購入を決定したということです。

Visaは今後NFTについてさらに学んでいく姿勢を示したい意図を示しています。その上でNFTは商業やSNS、エンターテインメントなど幅広い分野で重要な役割を担うと分析し、顧客や提携企業にも導入を勧めるためにはNFTの購入と管理、そして利用におけるインフラ基準と深い理解が必要であると説明しました。

また同氏は今回のNFT購入を通じて本分野を支えるNFTクリエイターをはじめコレクターおよびアーティストへの支持を表明する狙いもあったのではないかとの声も見受けられています。Visaとしては様々な場面でNFTの利用性とアクセスを高めていきたいとしており、これからも幅広くNFT関連の取り組みを行なっていくとコメントしました。

Visaの考え

NFT領域に関するVisaの見解について以下のように述べています。

これまではNBA Top Shotなどスポーツ・コレクタブルとしての勢いがあるとしつつ、長期的にはイベントなどのチケットやゲーミング音楽など様々な分野での活用が可能であると予測した。

さらにミュージシャンが音楽アルバムを発行するNFTを一例として挙げており、美術品として展示するだけでなく、ファンとのエンゲージメントやライブのパス、限定コレクタブルの所有権証明など様々な用途が可能であると高い評価を示しました。

今後の展開とは?

Sheffield氏はVisa社は安全なコマースを提供することがミッションであると述べています。これは新たなデジタルコマース領域でも対象になるとし、NFT領域にVisa社の見識を活かすことでシームレスで安全なデジタル決済環境の提供を目指したい考えを明らかにしました。

今後の短期的な活動としては企業やブランドのNFTに対する理解を深めることの重要性に言及しつつ、NFTの現状や可能性を示すためにホワイトペーパーをリリースしたことを挙げており、長期的な活動に関してはNFTのバイヤー・セラー・クリエイターをサポートする目的で新しいコンセプトやパートナーシップに取り組んでいるとして、今後数ヶ月間でさらなる情報を公開していくとしています。