K-POP:アーティストのNFT作品を発表

K-POP界のスーパースターであるBrave Girls、SE7EN、A.C.E.などが、流行に乗ってNFTの販売を開始したことが明らかになりました。NFTがアジアのアートシーンを揺るがしている中、韓国の音楽業界はその巨大で忠実なファンベースを活用することでNFTの世界に参入しようとする大きな動きが確認されています。

先日、2PMやTWICEなど大きな人気を誇るK-POPアーティストが所属する韓国の4大エンターテイメント・コングロマリットの1つであるJYPエンターテインメントは韓国のブロックチェーン企業Dunamuと提携し、K-POPに特化したNFTプラットフォームを立ち上げる計画を進めていると明らかにしました。

さらにK-POPを代表するアイドルグループBrave Girlsは8月、次の新曲発売に合わせてアップビットと提携することで限定のNFTを発売を行なっていくとも発表しています。このように自社のNFTを立ち上げるミュージシャンやエンターテイナーが増加しています。今まで約2年半の活動休止をしていたSE7ENも、先月初のシングルをリリースし、自身のNFTを発表しました。

急激なK-POPの成長

もともとは韓国のポップミュージックとして親しまれていたK-POPは、今や世界のメインストリームの1つとして見られようになりつつあります。

韓国国内のコンテンツ産業の振興を統括する政府機関の韓国コンテンツ振興院が公表した報告書によると、韓国のエンターテインメント産業の海外輸出ベースは2015年の約6,255億円から2019年には約1兆円へと4年間で倍増していると発表しました。

現在K-POPグループは世界中の熱狂的なファンに支えられて、ソーシャルメディアのトレンドを支配しています。

K-POPのファンはソーシャルメディアに精通している人が多く、ツイッターなどう使いこなす人がほとんどです。ワシントン・ポスト紙が公表した最近のレポートによると、K-POPに関連するツイート数は2011年6月までの1年間で、510万件から75億件に増加したということです。

韓国から世界へ

現在、世界の音楽市場ではアルバムの売上高が全体的に減少しているのが現状です。しかしながらK-POP業界を見てみると苦戦している様子が見られることはなく、現在でもアルバムの販売を収益の中心として活動を進めているアーティストがほとんどです。

国際レコード産業連盟が3月に発表したグローバル・ミュージック・レポートによると、2020年は「K-POPにとって記録的な年」だったとの文言が目立ちます。この言葉の背景には、K-POPが韓国の音楽記録売上高を44.8%増加させたことがその要因であり、昨年最も成長した主要音楽市場としての地位を確立することとなりました。

世界の市場に目を向けてみると2020年1月から11月にかけて、日本はK-POPのアルバムを約66億円相当輸入しており、世界最大の輸入国となりました。2位はアメリカの約19億円、3位は中国の約17億円、4位は台湾の約8億円となっています。

この数字からも見て取れるようにK-POPは世界を席巻しています。2013年にデビューした7人組グループのBTSはこのジャンルで最も成功したアーティストと言えるでしょう。BTSの所属する韓国上場企業のHYBEは先週発表した最新の業績報告書で、今年の第2四半期の売上高は前年同期比79.2%増の約267億円、純利益は同9.9%増の約21億円であることを発表しました。

NFTがファンに提供できる新たな楽しみ

NFTはK-POPファンの間でデジタル・コレクターズアイテムとしてすでに拡散されており、ファンはNFTの交換を楽しんでいます。メンバーのトレカは数ドルから数百ドルで購入しすることができ、交換や販売が可能となっています。また枚数の限りがあるレアカードは500ドルでトレードされてることもあるということです。

さらにNFTはファンがこのようなトレード場所をオンライン上に提供することができるのが大きな魅力です。カードを所有することで自分自身がオーナーになることができるのです。これはK-POPファンがNFTに夢中になる要因の1つではないかと予想されています。

NFTはデジタルの所有権をトレードする仕組みを持っています。そのデジタルアート作品はオープンなデジタル市場に存在するものとなっています。しかし所有権がブロックチェーンを通じて記録されているため、自分がそのNFTの所有権をもっていることを簡単に証明できるのです。

ファンがアイドルに対して抱く感情的な愛着がNFTの人気に強く反映するとJYPは考えています。ファンがNFT所有権を手に入れることによって、独占欲を満たすのが狙いです。

NFTの販売は現状のK-POPマーチャンダイジングのモデルにも類似するところがあります。多くのファンはできるだけ多くの物理的なアルバムを購入し、アルバムに付いているフォトカードを収集しています。そして抽選によってファンサイン会のようなイベントに参加するチャンスを手に入れるのです。

彼らがファンにとってとても重要な存在であることは言うまでもなく、激動する世界の中で本当に安全な避難所のような存在であると認識したファンはそれにお金を使うことを惜しみません。彼らは自分が一番高い値段を提示するだけでNFT独占権を手に入れられ、アイドルと会えるチャンスを手にすることができるのです。こういったNFTと連動したビジネスモデルは現在の激動の世界だからこそ成立するのではないでしょうか。

反対の声をあげるK-POPファンも

K-POP業界がNFTのアイデアを積極的に取り入れている一方で、すべてのファンがこのNFT作品を受け入れているわけではありません。控えめに言っても実際ファンからの評判はあまりよくないのです。ファンからは「これは私たちが望んでいるものではない。」という声も多く、彼らが求めているものは新しい音楽であり、「アイドルは利用されているのではないか。」とさえ彼らは言うのです。

NFTのデジタル性は、物理的な体験を好むファンを遠ざける可能性も高くあります。

マーチャンダイジングでK-POPを応援するならば、服やアルバムなど形に残るものを好むファンも多いのが現状です。NFTにはまったく興味がないファンも多く存在します。

JYPは熱狂的なファンを持つK-POP企業であるためNFTの独占性をうまく活し、こういった問題を解決することができる可能性も考えることができます。しかしNFTに興味のないK-POPのファンはすでにある現状のコンテンツで十分に満足している他、彼らにとってはNFTの力をかりなくても十分魅力的なK-POPアイドルがすでにたくさんいることももう1つの要因でもあります。この様にNFTにはまだまだ残された課題があると言えるでしょう。