ロシアが規制緩和へ方向転換?!ICOと所得税に関する法案を大幅修正か

ロシア政府が仮想通貨に関する法案の修正を検討

ロシア政府が2月27日に開催されたロシア連邦経済発展省の会議で、「デジタル金融資産」法案に複数の修正を加える検討を行った。

引用元:THE COINTELEGRAPH
ロシアICO規制緩和と仮想通貨の所得税控除を検討(2018年3月4日)より

各国政府が次々に仮想通貨に関する法整備を進めています。

ロシアもその一つですが、今回は規制を緩和する方向で修正が入っているというニュースです。

特に利益確定時に発生する所得税(日本なら雑所得)については保有者の間でも最大の懸念事項でした。

これがやわらぐのであればドイツに続く大きな動きと言えるかもしれません。

 

architecture-3091990__480

 

所得税控除&ICO投資上限額10倍へ

仮想通貨の資産所得税を控除する案と、イニシャル・コイン・オファリング投資の個々の投資額の上限を、当初提案されていた50000ルーブルから500000ルーブルへと10倍増する案が、今回当局により提案された重大な修正点として含まれている。

引用元:THE COINTELEGRAPH
ロシアICO規制緩和と仮想通貨の所得税控除を検討(2018年3月4日)より

所得税の控除とはまた大きく出ましたね。

ロシアについては独自のデジタル法定通貨を作ろうとしているというニュースがあるなど、国家が一元的に管理していきたい狙いがあるものだと思われてきました。

しかし今回、より仮想通貨の流動性を高める方向に動いてきました。

ICOに関しても、活発に投資家が市場に参加できるように上限額を引き上げる案が出されています。

いずれにしろ、これからの時代で経済の主体となるであろう仮想通貨やICOが認められはじめています

 

cumulonimbus-3201860__480

 

ロシアから海外への投資も緩和へ

さらに同法案に取り組むワーキンググループは、ロシアのデジタル資産の投資家が、外国の仮想通貨取引所で口座を開設することと、外国のICOトークンを購入することが認められるべきだとも提言した。同様に、非居住者がロシアのICOプロジェクトに投資することが認められるべきであると当局者は議論した。

引用元:THE COINTELEGRAPH
ロシアICO規制緩和と仮想通貨の所得税控除を検討(2018年3月4日)より

閉鎖的なイメージの強いロシアの中から「もっと海外へ」という意見が生まれてきていることを嬉しく思います。

まだ発案された段階ということですが、仮想通貨は世界規模で広まっていくことを目指しているので、当然に他国も同じように寛容的になってくれることを願います。

取引が活発になればそれだけ世界中の経済は上向きます。

より効率的な資金調達手段が普及すればもっと便利な世の中になるでしょう。

 

幅広い関係各局が検討に参加

以前ICOプロジェクトに対する規則を定める文書を公開したロシア連邦通信マスコミ省の代表者も、同会議の参加者に含まれている。

同会議にはロシア連邦司法省、ロシア連邦中央銀行、ロシア連邦反独占局(FAS)、およびその他の組織の職員も同会議に参加。今回協議された修正案は今後、専任の政府委員会によりさらに検討されることになる。

引用元:THE COINTELEGRAPH
ロシアICO規制緩和と仮想通貨の所得税控除を検討(2018年3月4日)より

財務分野に関わる省庁ではなく、マスコミなど他の機関が検討に参加し始めたということです。

本格的に政府当局の議論が活発化していくと見られます。

これがこのまま可決されれば、世界に対しても大きな好影響を与えるでしょう。

やはり仮想通貨市場全体を盛り上げるには各国当局の積極姿勢が欠かせません

 

balloon-3206530__480

 

反対する財務省&司法当局

18年1月25日に「デジタル金融資産」法案を提出したロシア財務省は今回の会議に参加しなかった。

最近、モスクワ仲裁裁判所は、仮想通貨がロシア国内で依然として法的に定義されていないという事実を理由に、債務支払いのために差し押さえることができる資産からデジタル通貨を除外することを裁定している。

引用元:THE COINTELEGRAPH
ロシアICO規制緩和と仮想通貨の所得税控除を検討(2018年3月4日)より

仮想通貨が普及することでそれに比例するように自国の法定通貨が廃れてゆくことを懸念している財務系省庁はこの動きに反対しています。

また、法の下でしか判断を下すことのできない司法当局も、この曖昧な状況を受けて懐疑的な姿勢を取っていますね。

規制が甘いがゆえに起こっているトラブルもあるため、一定のルール(法律)を定めなくてはならないのは間違いないでしょう。

投資家を保護しなくてなくはならないという考え方ももっともですが、利用する私たちもリスクをしっかり理解しておくことが必要です。