ゲーム業界が熱視線!話題の仮想通貨XPの特徴と将来性について解説します

ネット上でよく「XP (eXperience Points)」という銘柄を見かけることが多くなったかと思います。

特にTwitter上では目に入りやすいのではないでしょうか。

このコインはいろいろなところで注目されていますが、「草コイン」であり、海外取引所でしか取り扱いをしていないため、手を出しづらい方も多いと思います。

ここでは基礎的な情報を紹介します。

 

technology-3189176__480

 

仮想通貨XP (eXperience Points)とは

XPとはそもそも何?っていうのはよく私も聞かれます。

XPは、Experience Pointsという名前の通り「経験値」として使われるものです。

支払い機能はもちろんのこと、それに加えてゲームをクリアした際の報酬(経験値)としてXPがもらえたりします。

教育やスポーツでもサービスが作られていて、問題を全て回答したときの報酬(経験値)、跳び箱が10段飛べるようになれたときの報酬(経験値)などのように応用されています。

多くの分野にわたっているとても面白い仕組みになっています。

XPの名前の由来自体がゲームの経験値からきているので、ゲームに使われることも今後多くなってきますが、ただの遊びにすぎないところが大きな特徴となっているのです。

 

実は大金が動いているゲーム市場

今、世界ではe-Sportsというものがとても人気ですが、知らない方も多いかと思います。

e-SportsというのはElectronic Sportsの略です。

ゲームをスポーツ・競技として捉える際の名称ですね。

実際に世界大会といろんなタイトルで行われており、優勝したら賞金1億円なんて大会もあります。

「Twitch.tv」というゲーム配信サイトでも広告料だけで3時間で30万円も稼いでしまう配信者の方もいるそうで、それぐらい人気なものなのです。

日本ではまだまだ認知度が低いので、「ゲーム=遊び」という認識しかない方が多いですが、海外ではすでに「ゲーム=仕事」という認識は当たり前のものになっているのです。

 

sport-1350806__480

 

なぜ今後の価格高騰に期待できるのか

2020年には東京オリンピックにて、e-Sportsが正式種目として追加されます。

これによって世界中でよりe-Sportsが活発になり、日本のe-Sports業界にも良い影響を与えてくれることでしょう。

XPはもともとゲームに使われるものなので、e-Sportsとも関係性が高いと言えます。

すでにインドのe-Sports大会にて、賞金として使われており認知度等も世界中で高くなってきています。

そして2018年2月にBitindiaというインドの取引所にも上場することが決定しています。

今後さらに仮想通貨市場においてその存在感が増していくでしょう。

 

ecommerce-2301933__480

 

XPはどこで買うことができるの?

残念ながら、XPは国内の取引所では購入することができません。

当サイトオススメのコインエクスチェンジにて取り扱いがありますのでそちらからXPの投資を始めてみましょう。

十分に利益を出すにはやや長丁場となりますが、極めて将来性は高いと思われます。