【緊急】超優良ICO情報が入りました!4月末に上場が決まっている○○○が注目されています

新規ICO案件:Celsius(CEL)/セルシウス

すでにWEB上で販売が開始されている、セルシウスが大いに注目されています。

なお、4月末には取引所への上場が決まっているということもあり、かなりチャンスであると言えるでしょう。

ICO案件についてはめったに取り上げない短期トレード系のコミュニティで紹介されるほどで、多方面で話題になっていることがわかります。

 

 

投資をする場合の手順について

現金での購入はできず、イーサリアム(ETH)のみの受付となります。

ウォレットからの送金に限定されないため、取引所から直接送金することができます。
国内取引所(コインチェックなど)からも可能です。

公式ホームページへとアクセスし、「JOIN CLOWDSALE」から手続きをしてください。

セルシウスへ投資される方は、トークン配布用にマイイーサウォレットを準備していただく必要があります。
購入前には必要ありませんので、順次設定を進めておきましょう。

 

セルシウス公式ホームページなど

以下にも簡単な説明を付記しますが、公式に発表されている内容を確認したい方はリンクを参照してください。

公式ホームページはこちら、公式ホワイトペーパーはこちらからお進みください。

 

 

セルシウス創業者・CEOのアレックスについて

アレックス・マシンスキーは起業家で、ニューヨークをベースに7社の企業を創業し、大型資金調達と数千億円規模のエグジットを経験しています。

2000年以降にベンチャーキャピタルの支援を受けたニューヨークのスタートアップのエグジット時の時価総額トップ10のうち2社を同氏が創業した企業が占めています

アービネットは2004年に約0Mの企業価値で上場され、トランシットワイヤレスは$2Bの評価を得ています。

 

セルシウスとはどのようなプロジェクトなのか

セルシウスが提供するプラットフォームはさまざまな仮想通貨による資産を入金、貸与、借りることができるものです。

貸し出しのための簡単な報酬制度を提供するために、借り手に請求された手数料および利子に基づいて貸し手に利息を支払うことを可能にするCelsius Degree Token(CEL)を作成しています。

これがすなわちプラットフォームに付随して作成されたトークンとなります。

ネットワーク上の仮想通貨資産を貸しているメンバーは、セルシウスウォレットに資産を預け入れ、その暗号化を貸し出す報酬としてCELを獲得します。

セルシウスメンバーが自分の称号を現金化することを容易にするために、セルシウスは会員がDEGトークンを簡単に購入して販売できるオンライン称号市場(プラットフォーム)を運営します。

Degreesを保有するメンバーは代替コインと交換することができますが、Degreesを購入したいメンバーは他のメンバーまたはセルシウス社から最高の公表価格で直接購入することができます。

Filecoinと同様に、Celsiusの設計は、貸し手と借り手の両方に基づいており、どちらもトークンのためのユーティリティーを作成することを奨励されています。

借り手は、仮想通貨を借りるためのアクセスを望んでおり、そのような取引を可能にするためにCELを購入する必要があります。

 

 

セルシウスには期待できるのか?

相場についてははっきりとした予測ができないため、期待値を正確に算出することは不可能です。

しかしながら、創業者のアレックスが過去にIPO案件を複数経験しているという実績があるため、他のICO案件よりもマーケティング面において十分な力があると言えるでしょう。

取引所への上場が決まっているということもあり、価格高騰の蓋然性は極めて高いと思われます。