改ざんのできないブロックチェーンに愛を記録した衝撃のエピソード

愛の証明をブロックチェーンに記録したカップル

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨に応用されているブロックチェーン技術が意外な場面で使われているようです。

なんと結婚の際の愛の証明をブロックチェーン上に記録して、改ざんができないようにしたということです。

この衝撃的なニュースの実態を見ていきましょう。

 

改めて、ブロックチェーンはどのようなものなのか

ブロックチェーンは、仮想通貨を支える技術だ。

仮想通貨の取引データは、中央銀行や特定の企業が管理するのではなく、暗号化され、分散化された状態でネット上に保管される。取引が記録される「ブロック」は定期的に更新され、チェーンのように連なっていく。

記録が改ざんされると、チェーンの前後のブロックと矛盾が生じるため不正が分かる。記録は暗号化された状態で公開され、第三者も改ざんがないか検証できる。

このため(中略)契約書の代わりに証明として使うことができると期待されている。

引用:BUSINESS INSIDER JAPAN
改ざんできない愛の記録–ブロックチェーンで結婚したカップルの話(2018年3月27日)より

ブロックチェーンの説明として仮想通貨を支える技術とありますが、仮想通貨のための技術ではなく様々なものに応用することができます。
今回取り上げる話題もその一つですね。

そしてもう一点だけ注意が必要なのが、すべての仮想通貨がブロックチェーンを導入しているわけではないということです。

例えば2017年にコインチェック銘柄としては最高の上昇率を記録したリップルなどはブロックチェーン技術を導入していない中央集権型仮想通貨です。

また、ブロックチェーンと一口に言っても大きく2種類に分けられます。
パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンです。

これらの違いは非常にわかりやすく、管理者がいるかどうかです。
パブリックブロックチェーンは民主主義的であります。

今回の結婚契約については当事者同士のみが契約内容を閲覧できるプライベートブロックチェーンを用いたと考えられます。

 

イーサリアムのプラットフォームを利用

ブロックチェーン婚で2人は、有力な仮想通貨のひとつイーサリアムのシステムを使った。結婚をしていること、2人の氏名、日付をデータベースに記録した。

引用:BUSINESS INSIDER JAPAN
改ざんできない愛の記録–ブロックチェーンで結婚したカップルの話(2018年3月27日)より

仮想通貨の時価総額ランキング堂々の2位を誇るイーサリアムは、プラットフォーム型の通貨と呼ばれています。

ビットコインとは違い、イーサリアムをはじめとするプラットフォーム型通貨は契約内容を書き込んでおくことができます

他にもLiskやNEOなどがありますが、世界中からの支持が厚いイーサリアムがもっとも良いと判断したのでしょう。

 

多様な契約を結ぶことができるスマートコントラクト

2人の財産をどのように共有するかなどを事前に取り決め、契約を交わしておくことがある。例えば、イーサリアムでひとつのウォレットをつくり、夫婦の双方が、毎月の最終日に生活費として決まった額を、このウォレットに送るよう「契約」しておくこともできる。

条件を満たしたときは自動的に契約を履行させる「スマートコントラクト」と呼ばれる新しい契約のあり方だ。

引用:BUSINESS INSIDER JAPAN
改ざんできない愛の記録–ブロックチェーンで結婚したカップルの話(2018年3月27日)より

結婚しているという証明だけでなく、ブロックチェーン上には改ざんされたくない情報は何でも記録することができます。

私たちにとってはイーサリアムと言われれば仮想通貨のイメージが強いですね。

契約した事項が滞りなく施行されればお金の代わりにプラットフォーム上で仮想通貨を付与することもできるのです。

 

結婚をしたという実感はあるのか

余談かもしれませんが、ブロックチェーンによる結婚には実感は伴うのでしょうか。
実際には区役所への届を出しているということなので比較した結果が気になります。

美加恵さんは「ブロックチェーンの方は、となりでパソコンをいじっているなと思ったら、『できたよ』って。でも、結婚届は自分で書いたから」。純真さんも「区役所に行くのは、わくわくした」と言う。

引用:BUSINESS INSIDER JAPAN
改ざんできない愛の記録–ブロックチェーンで結婚したカップルの話(2018年3月27日)より

やはり役所へ届けるという行動が結婚したという実感をもたらすようですね。

ブロックチェーンを用いた契約は、普及するにしてもしばらくは届出主義と並行していくと思われます。