ビットコイン:米株式市場に連れ安する形で下落

10月7日、暗号資産市場でビットコインが大きく下落したことが明らかになりました。今回の下落では一時、前日比2%安の111.4万円まで市場価格が下落し、暗号資産市場は大きな混乱に包まれています。

この下落の原因としてはトランプ大統領が追加景気対策案の協議停止を指示したことを背景に急下落した米株式市場に連れ安したこと主な要因であると考えられています。

先日、コロナへの感染が明らかになったトランプ大統領の早期退院を受け、買い戻し意欲が高まった米株式市場は、新型コロナウイルス経済対策を巡る民主党との協議を11月の大統領選挙後まで停止するとの追加の発表を受け、急下落していました。

トランプ大統領はツイッターで「選挙後まで交渉を止めるよう指示した。私の勝利後に勤勉なアメリカの人々や中小企業に焦点を当てた大規模な景気対策法案を通す。」とツイートしました。

刺激策成立の可能性を織り込み始めていた暗号資産市場に対して、これは予期せぬ痛手となっています。

また、ビットコイン市場はイギリス当局の個人投資家への暗号資産デリバティブ提供禁止に関する公式発表で警戒感も高まっている中での出来事となったことから、さらなる追い打ちをかけられた状態となっています。さらにコロナ危機を受け実施された無制限量的緩和や、信用緩和に伴う「カネ余り」の恩恵受けていたビットコイン市場も警戒を強めていくとの見解がなされています。

CMEへ注目の声

今回のビットコイン市場における値動きでCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)で生じていた新たな「ギャップ」が注目されています。これについては先週末の高騰で生じたギャップを埋める動きがチャートからも確認されています。

CMEのビットコイン先物取引は先週末の終値10,575ドルに対し、始値が10,700ドルと125ドルのギャップで取引を開始していました。市場はギャップを埋めるためのアノマリーを意識したのではないかとの可能性が考えられています。