「DUCATO」BithumbGlobal取引所に上場:Delio、DUCATOとは

DelioのDeFiプロジェクトプロトコル「DUCATO」:BithumbGlobal取引所に上場

DelioのDeFiプロジェクトプロトコルである「DUCATO」がBithumbGlobal取引所に上場しました。

DelioがDeFiプロジェクトのために発行したガバナンストークンであり、ハイブリッドDeFiモデルのDUCATOは一元化されたDelioのサービスを組み合わせることにより流動性とスケーラビリティの問題の解決を目的としています。具体的にはDelioのCeFiテクノロジー(Centralized Finance/中央集権ファイナンス)を活用することにより、DeFiの課題であった流動性と助ーラビシティ問題を補完しています。

DUCATOはDelioの暗号資産エコシステム内でDeFiエコシステムを独自のか貸付・貯金・ウォレット・流動サービスを通じることで構築し、合成資産の発行をデリバティブの使用を容易にさせています。またDUCATOトークンは貸付や貯金以外にも、スワップやイールドファーミングなどを行うことが可能です。

DUCATO公式は「BitumbGlobalに上場することで韓国の暗号資産市場での事業拡大を迅速に行うことができると考えています。国内外の主要取引所と連携し、グローバルトークンとなれるよう注力してきます。」と語っており、BitumbGlobalの他にも、BittrexやUniswap取引所などにも上場しています。

DUCATO DeFi2.0とは

DUCATOプロトコルは流動性の欠如やイーサリアム ネットワークへの過剰依存いよる決済時間の遅延など、既存のDeFiプロトコルが抱える課題を解決することを目的とした最先端ソリューションです。

DUCATOでは、ユーザーが従来の市場に参入し、流動性の高いアクセスを可能にするハイブリッドDeFiおよびCeFIプロットフォームの提供を行っています。これらを提供することにより、従来の貸付スペースを利用し、増え続けるユーザーにサービス提供を可能になり、担保として使用できる幅広い資産を提供します。

Delioとパートナーシップ提携を締結することにより、DUCATOは中央集権型市場でさらに流動性を高めています。

このプロトコルにより、借り手はお金や、不動産などの従来資産を担保としてサービスを利用することができ、従来の貸し手と借り手がブロックチェーンテクノロジーを活用した安全な分散型貸付スペースを利用することが可能となります。DUCATOのプロトコルは分散型と集中型の2つのファイナンスそれぞれが長所を生かしたシナリオを提供し、シームレスな方法でそれらを統合します。

DUCATOとDelioとは

Delioグループは韓国に拠点とする企業であり、DUCATOのプロットフォームに流動性を提供し、Bithumb取引所やその他レンタルサービスを通じたグローバルなCeFi貸付サービスの大手プロバイダーです。

韓国のCeFiプロバイダーの特徴はユーザーのデジタル資産が担保がBithumb取引所に残っている間、取引所のウォレットを利用し担保に入れている場合、必ずしもレンタル代理店にDelioを譲渡する日必要がないことです。また、ユーザーはそれぞれのプラットフォームでKYCをする必要はなく、一度に2つのプラとフォームのKYCを完了することが可能です。

DUCATO DeFi 2.0プロトコルは、世界的な流動性を誇るプロバイダーであるDelioとパートナーシップになることで実現しました。取引所・ウォレット・プロトコル・プラットフォームがDelioはデジタル資産DPIサービスを簡単に構築することのできる環境であるDelio Cloudを立ち上げることによりパートナーを増やし拡大を続けています。

これらの開発によりDelioの成長の可能性は認知されており、ErnestVenturesとKingcoInvestment PartnersよりシリーズA投資を引き受けています。また、主要取引所やグローバルブロックチェーン企業と戦略的パートナーシップを通じて基盤の拡大を行っています。

DUCATO、Delio基本情報

DUCATO公式アカウント

ホームページ
Telegram
Medium
Twitter
Facebook
Linkedin
YouTube

Delio公式アカウント

Delio
Delio Cloud
Telegram
News Channel
Medium
Twitter
Instagram
YouTube