暗号資産市場:ビットコインが急上昇

11月12日の暗号資産市場でビットコインが大幅に上昇し、米Coinbaseでは米ドル建16,000ドルを記録しています。これは11月6日の年初来高値を更新する値となりました。

暗号資産バブル真っ只中の2018年1月7日以来、ビットコインが16,000ドルで取引されたのは2年10ヶ月ぶりとなっています。さらに過去最高値19,891ドルまで20%の水準に迫った記録となりました。

しかし心理的節目にもなった16,000ドルの到達後は、約500ドル幅反落しており利益確定売りのポイントとして短期天井との見方も意識されています。

金融市場は新型コロナウイルスのワクチン開発の進展で経済の正常化が早まるとの見方から、株高、債券安、ドル高・円安の反応が続いていました。しかし米大統領選はバイデン氏勝利がほぼ決まったことで不透明感が払拭されたことと、前週末に発表された10月の米雇用統計の結果も良好となったことを受け、投資家のリスク選好姿勢を後押しする形となりました。

銘柄別ではコロナの感染拡大が向かい風となっていた金融などの景気敏感銘柄が買われ、逆に追い風となっていたハイテク銘柄に売りが高まっています。

一方ビットコイン市場はコロナ禍経済対策による通貨のインフレ懸念などを材料に買われていた側面も強いものの、直近では株式市場と相関しない独立した値動きも増加傾向にあります。市場変動性が高まり、個人投資家を中心とした短期資金の商いも活発化する中で底堅く推移する値動きから独自マーケットの強さをうかがわせている状態です。

市場が好感する材料とは?

米フォーブス誌が記事の中で高値を更新したビットコイン市場について、投資家が好感する材料を紹介しています。記事の中では企業や機関レベルの資金流入を期待する見方や、高値更新に連れてコメントが続く有識者の発言などを取りあげました。

さらに記事にはJPモルガンが公表した、ビットコイン投資信託(GBTC)への資金流入ペースがゴールドETFを上回っていることを例に、「以前はファミリーオフィスなどゴールドETFに投資していた投資家の一部が、ゴールドを代替する資産としてビットコインを検討している可能性が高くなっている。」として風向きの変化について解説しました。

また有識者の見解として億万長者の投資家スタンリー・ドラッケンミラー氏が米CNBCの経済番組に出演しました。同氏は自身がビットコインを所有していることを明かした点について、「ゴールドへの投資が成功するのであれば、BTCはより多くの利益を与えることができる。」との見解を紹介しました。

ビットコインの今後の展開についてアナリストRekt Capital氏は月足としてビットコインが初めて146万円以上の水準で確定した点を重要視し、「月足では、146万円以上のレジスタンスは少ない。146万円〜180万円のレンジ内で推移する可能性は高いだろう。」とコメントしました。「今年を13,900ドル以上で終えることができればそれが年足として確定し、サポートラインとなる。よって4年間の新たなサイクルに入ることになり、2021年は劇的な上昇を見込むことができるようになる。」と期待の声をあげました。

懸念される点もいくつか存在

一方、懸念すべき点も未だ存在しています。

データ企業CryptoQuantの調査によると取引所へのステーブルコインの流入は10月から大幅に減少しているとの結果が出ています。マイナーから取引所へのビットコイン流入は再び加速しつつあり、「利確」へ動き出したことが示唆されているといいます。

また、ステーブルコイン流入は暗号資産市場の新規マネーの主流な資金フローとなっていたため買い圧力の低下を示すとCryptoQuantは指摘しています。

これにはOTC取引とステーブルコインを用いた取引需要の高い中国で、OKEx等の問題が長期化していることも主要因の1つにあがっているということです。OKExの出金停止措置からすでに3週間立つ中で続報はなく市場が嫌気する不透明性が強まっていることも懸念材料となりつつあるとの声が増えているのが現状です。

さらに市場の過熱感を図るRSIでは、過熱を示す70を超えたことが明らかになっています。

RSIについては、暗号資産ビットコインの相場推移を「ストック・フロー比率」モデルを用いて分析することで有名なアナリストのPlanB氏も紹介し、月間インデックスではRSI70に達しているものの、過去のバブル期の傾向からビットコインの最も高い過熱はRSI90〜95付近にあると指摘し、未だ高値更新の余力があるとして市場の勢いを紹介しました。