ビットコイン:今月4日に急落

年末年始に高騰していたビットコインが1月4日、急落したことが明らかになりました。

2020年12月16日に2万ドルを突破して以来、大きな調整を記録していなかったにも関わらず、21年1月3日までに1万4千ドル幅急騰していたために、足元の過熱感が指摘されていました。

また国内大手取引所コインチェックでは、同月4日18時40分に50万円幅を超えて下落するフラッシュ・クラッシュが発生していました。さらに市場急落を受け、bitFlyerではサーキット・ブレイカーが発動しました。また世界各国のマーケットでは閉鎖的な市場環境にある韓国市場でプレミア価格が発生しており、大口投資家の裁定取引も市場下落の要因ではないかと推測されています。

今回のフラッシュクラッシュでは国内大手取引所コインチェックのBTC価格が他取引所よりも約60万円安い価格で約定していました。

またbitFlyerのBTCFXではロスカット連鎖に伴う急落でサーキットブレイカーが発動し、取引が一時中断される事態となりました。

ここでのサーキットブレーカー制度とは、誤発注等による価格急変防止の観点から取引の一時中断を行う制度です。bitFlyerでは、基準価格の上下20%の値動きが起きた際にCBが発動するようになるため、約5分間取引中断が行われるように設定されています。

年末年始の薄商いの中、板が薄くなるなど流動性が低下していたために投資家のストップロス連鎖が相場急変を引き起こしたのではないかということです。

CMEの窓埋め

今回の下落を受け、新年の取引を開始したCMEにおけるビットコイン先物の4,130ドルの「窓(ギャップ)」を埋める措置をとりました。

週末の高騰を受け、CMEでは先週末の終値29,385ドルに対し、始値は33,515ドルと過去最大となる「窓」が確認されていました。

変動値幅としては、2週連続でコロナ・ショックの900ドルとなり、5月11日の1,265ドル幅を大幅に上回る窓が確認されています。またこれは下落サポートラインとして意識された可能性が高くなっています。